女性

物流業界の定番はトランクルーム|業務の効率化を図ろう

ガレージとして

棚

トランクルーム利用の注意点

最近多くの業者が活用しているコンテナタイプのトランクルームはある程度の気密性や保温性は確保されています。コンテナタイプのトランクルームは収納スペースが大きく、価格もその割には安めと良い点も多いですが、利用時には注意をしたい点もあります。 注意点の1つとして、気密性や保温性は限度があるので、湿気や熱に弱い物の保管には向かないことです。特に屋外コンテナは夏場は熱が直接当たることがあり、温度管理に気をつけるべき物品の保管には向いていません。 またコンテナタイプは車を横付けできるタイプが多いですが、借りる予定のコンテナタイプのトランクルームが、車が横付けできるかどうか、確認しておくのも重要です。

タイプを活かすテクニック

トランクルームにはラインナップがあります。屋内型や屋外型、さらに形状もロッカータイプやコンテナボックスタイプなどがあります。この中でも、その活用方法として様々な事を可能としてくれるものが、ガレージタイプのトランクルームです。ガレージタイプのトランクルームは屋外に設けられるタイプのもので、その名称からも分かるようにガレージとして利用ができます。マウンテンバイクやロードサイクルといった自転車はもちろん、バイクや場合によっては車も収納できるガレージタイプのトランクルームもあります。業務形態に応じて選択するようにしましょう。